ガーディアンプレイヤーのスコルト
*
ホーム > インターネット > インターネットの知識だけに惑わされるな

インターネットの知識だけに惑わされるな

ついに取引する時という場合ではまずは事前調査をしなくてはいけません。

 

売買を始める前物事を落ち着いて見ることができる余裕があります。

 

しかしながら、一度マーケットの中に入ってしまうと、どうしても見え方が自己中心的になる事が多く、状況によっては冷静な状況がわからなくなる可能性があります。

 

だからこそ自分自身の客観的な時に、適切に準備する事が大切です。

 

"事前準備"するためには、己の筋書きを書くことからスタートする。

 

今後の相場は下がる(または上がる)からこの通貨を買う(あるいは売る)みたいな、自らの筋書きを書いていきます。

 

次に大事なのは日足チャートをチェックしましょう。

 

以前の相場の上下動をチェックして、現在の価格を見ます。

 

そうしたら、「現時点では過度に安い段階になっている」とか、そうでなければ「大方の投資家が取引しているから、これから自分かエントリーしても遅すぎるな」ということが納得できます。

 

無論取引するのが遅いと考えたならば、何もしないで、ここは潔くあきらめることか大切です。

 

無理に自身の筋書きを貫いて諦めずに取引するとマーケットに押し返されてしまいむしろ為替差損を受けることになる危険性があります。

 

とは言っても多くのケースで準備が整った自らの物語を書いておくと、買い(または売り)が遅すぎるという具合にはなりません。

 

たぶん、明確に相場が変化する前の状態のはずです。

 

更に、差し当たり自身が売り買いしようと考えている通貨の動きを、確認する事が大事です。

 

例えば円安に向うという筋書きを考えたのであれば、ドル円の動きに用心しておきます。

 

相場の動きを注視し始めた場面では、該当の外貨は誰の眼にも明らかに上下動する雰囲気を見せることはなく、ちょっとした動きを繰り返しているだけだろう。

 

だけど、その上げ下げをしっかりとチェックしているとあるポイントで確実に円安の方向へと為替相場が推移し始めます。

 

ここでいよいよドル買いの取引します。

 

これだけ計画的に準偏さえしておけば、その取引で稼げる可能性は比較的高くなるはずです。

 


関連記事

インターネットの知識だけに惑わされるな
ついに取引する時という場合ではまずは事前調査をしなくてはいけません。 &nbsp...
テスト
テスト記事です。...